フライヤー印刷の依頼【熟知しているので頼りになる存在】

記事リスト

注文の流れとは

印刷物

フライヤーが完成するまで

フライヤー印刷を業者に頼む場合は最初にフライヤーのデザインを用意しておきましょう。デザインソフトを使用して自分で作るのが一番お金が掛かりませんが、デザインに自信のない場合はデザイナーに依頼する方法もあります。デザインが用意で来たらフライヤー印刷業者に入稿します。入稿の際にはいくつか注意しなければならない事項があります。まずはデータ形式です。フライヤー印刷業者によって指定されている入稿形式が異なります。使用するデザインソフトによって保存できる形式が異なりますので気を付けましょう。次にデザインの色味です。パソコンの画面から見た色味がそのまま用紙に表示されるわけではありません。RGB形式の場合は印刷の際にCMYK形式に変換されますので色味が変わってきます。色味については最終チェックすることができるオプションを用意している業者もありますのでそのようなサービスを利用して確認してみるのもアリです。最初からCMYK形式で作成することができるデザインソフトもありますし、RGB形式で作成した後変換できるものもあります。色味にこだわる場合はその点に関しても注意しておくべきでしょう。万が一入稿不可なデータの場合は印刷業者側から連絡が来ますので、修正し直して再入稿を行いましょう。フライヤー印刷はこのようなことに注意すれば、短期間で注文から納品まで行うことが可能です。あらかじめ業者の規定を確認しておくことをおすすめします。